家庭菜園の生き物たち

鳥、昆虫、虫などが野菜の生長に関わっています。家庭菜園に飛んで来たり、棲み着いていたり、また生まれたりしているその生き物たちを記録しています。

家庭菜園の生き物たちの人気ブログ記事

  • オオトモエ

    大きな蛾オオトモエ(ヤガ科) 今までに2回遭遇していましたが、やっと今年撮れました。 幼虫の食餌植物はサルトリイバラ、シオデ 前翅長45mmほど 少しずつ近づいて

    nice! 3
  • アゲハ

    風に吹かれて、翅を閉じて止まるアゲハ キマダラカメムシの幼虫

    nice! 7
  • ムラサキシジミ

    アラカシの木が生えているため、その葉を幼虫が食草としているのがムラサキシジミ 飛んでいる姿は美しいが、まだ翅を開いて止まっているところは見たことがありません。 アラカシの葉 ベニシジミ ツバメシジミ ヤマトシジミ ルリシジミ ヒメジャノメ

    nice! 10
  • ギンバネチビトリバ

    シラホシトリバかと思ったら、調べてみればギンバネチビトリバ 幼虫の食餌植物はカタバミ 大きさは蚊と同じ位で、黒っぽかったら気付かなかった アシベニカギバ フトスジエダシャク

    nice! 8
  • スジモンコヤガ

    ポツンと葉上に止まっていたスジモンコヤガ 頭部上にノコギリの刃のようなのものが・・・ 何のため? 翅の筋の延長線上? 幼虫の食餌植物はクズ 前翅長10mmほど チャハマキ ウスキミスジアツバ

    nice! 6
  • モンキクロノメイガ

    葉表に止まっていたから撮りやすかったモンキクロノメイガ 幼虫の食餌植物はブドウ、エビヅル、ヤマブドウなど 前翅長11mmほど ホソスジナミシャク ワタノメイガ

    nice! 4
  • アメイロホソムシヒキ

    ここ3年ほど出会わなかったアメイロホソムシヒキ(ホソムシヒキアブの一種) 毎年カトリヤンマが増えて来ているので、多分カトリヤンマに捕食されているのではないかと思われます。 飛び始めたカトリヤンマ ベニシジミの三角関係 近づいては離れたり

    nice! 10
  • マメコガネ

    大薯の葉っぱを食い荒らすマメコガネ 柔らかい葉から食って行きます 温暖化の影響で雑草の伸びが年々高くなって来ています。 キジが食べた後のトマトを吸汁するキタテハ

    nice! 4
  • クロコノマチョウ

    今年になって初めて出会うクロコノマチョウ 越冬したクロコノマチョウに出会わなかったから、もしかしたら見れないかもと思っていました。 コチャバネセセリ

    nice! 3
  • ヒメウコンエダシャク

    おっと! 黄色い蛾が飛んだと思ったらヒメウコンエダシャク 毎年出会いますが、好きな蛾です。 幼虫の食餌植物はクスノキ科(ダンコウバイ、タブノキ、シロダモ) 前翅長11mmほど 飛び立って ギンツバメ

    nice! 5
  • フタトガリアオイガ

    ササの葉に止まるフタトガリアオイガ 幼虫の食餌植物はフヨウ、ムクゲ、アオイ、オクラなど 前翅長20mmほど カトリヤンマ 

    nice! 8
  • キバネオオベッコウ

    穴を掘って巣作りするキバネオオベッコウ 見る見るうちに砂を搔き出して行きます 直ぐ隣では、毛づくろいして針を磨いていました 巣作りするのと狩りをするのは、それぞれ別々で雄と雌で役割分担があるのかな? 目印が分からなくならないように、この周りの草取りはやめました

    nice! 2
  • キジの雌

    畑に着いて、そのまま車の中で権利付き最終日でスマホを見ていたが、ふと前を見るとキジが動いていました。 あれ、もう1羽出て来た。 ウグイスがホーケキョと鳴きましたが、短く2回だけでした。口笛で何回もホーホケキョと吹いて教えてやりました。

    nice! 5
  • キマダラカメムシの幼虫

    初めて見るカメムシに出会ったと思い、調べてみればキマダラカメムシの幼虫でした。 キマダラカメムシの成虫

    nice! 6
  • ヤサアリグモ

    日差しがさす孟宗竹に這っていたヤサアリグモです。 体長6mmほど この蜘蛛の同定に時間を要しました。アリグモ、ヤサアリグモ、タイリクアリグモ、ヤガタアリグモ、クワガタアリグモのどれだろうとwebで検索してヤサアリグモに辿り着きました。決め手は頭部と胸部の間の白色の帯です。「優(やさ)」アリグモのよ... 続きをみる

    nice! 7
  • ツバメシジミ

    今年初めて見るツバメシジミ ルリシジミ ギンツバメ

    nice! 5
  • アシベニカギバ

    サンゴジュの木の下草に止まる綺麗なアシベニカギバ 羽化したばかりかな? 幼虫の食餌植物はサンゴジュ 前翅長18mmほど チャハマキ 雌 雄 チャオビヨトウ アリゾナの孫たちが2週間の滞在期間を終えて帰りました。 成田から飛行機に乗る際、ゲートで家族全員の名前がアナウンスされて、何事かと心配したが、... 続きをみる

    nice! 3
  • ヨツボシノメイガ

    葉裏に止まるヨツボシノメイガ 幼虫の食餌植物はガガイモの葉 ノメイガ亜科の一種 名前は、分類学者により調査が進められているとのこと 前翅長9mmほど アミガサハゴロモ属の外来種(名前がチュウゴクアミガサハゴロモと付けられたようです)が飛び始めました 白い動くものは、外来ハゴロモ(チュウゴクアミガサ... 続きをみる

    nice! 8
  • ツノトンボ

    久々に観るツノトンボ 2023年8月3日撮影

    nice! 4
  • フタトガリアオイガ

    セイタカアワダチソウの茎に止まるフタトガリアオイガです。 前翅長20mmほど

    nice! 6
  • クロスカシトガリノメイガ

    葉裏に止まったクロスカシトガリノメイガ 似た蛾にスカシトガリノメイガがいますが、翅の黒色が濃いことからクロスカシトガリノメイガとしました。 幼虫の食餌植物はエノキ 前翅長10mmほど ツノトンボ

    nice! 4
  • ノコギリカミキリ

    真っ黒なノコギリカミキリ(甲虫目カミキリムシ科) 触角がのこぎりの歯のような形をしているところから、つけられた名前のようです。 寄生植物は針葉樹、広葉樹の枯れ木 体長23mmほど ワラビの葉に止まるコガネムシ

    nice! 3
  • ヤサアリグモの雌

    南斜面の土手に生える孟宗竹などに這っているヤサアリグモの雌です。 体長6mmほど ヤサアリグモの雄は、いつごろから出現するのかな? エノキの幼木に エノキの大木の幹に そら豆の花が咲き始めました

    nice! 5
  • シロフアブ

    複眼が緑色をしていないことから、シロフアブとしましたが、似たアブにウシアブ、ヤマトアブがいます。

    nice! 14
  • シナチクノメイガ

    キムジノメイガとしていましたが、シナチクノメイガに訂正します。 縁毛が翅頂部だけ濃色となっていることからシナチクノメイガとしました。 前翅長15mmほど。 5月に撮ったキムジノメイガ

    nice! 5
  • ミナミクロホシフタオ

    今年は出現が早いミナミクロホシフタオ 幼虫の食餌植物はサンゴジュ 前翅長10mmほど 一斉に羽化したようです。 温州ミカンの幼果 もう出現していたアカエグリバ

    nice! 7
  • マエジロアツバ

    アラカシの幹に止まるマエジロアツバ 幼虫の食餌植物はカワラタケ 前翅長13mmほど 幼虫がキノコを食べて育つのも珍しいが、成体の姿もキノコかな? ミカンの根元に出ているのはサルノコシカケ? 保護色と言われる虫の色彩の中に、もう一つのジャンルとして分断色と呼ばれる模様があるそうです。蛾と思われないよ... 続きをみる

    nice! 4
  • ヨツモンキヌバコガ

    前翅長6mmほどの小さな蛾ヨツモンキヌバコガ 幼虫の食餌植物はアカザ 2頭目 ムラサキツマキリアツバ

    nice! 9
  • チュウゴクアミガサハゴロモ

    アミガサハゴロモ属の外来種チュウゴクアミガサハゴロモ 翅の色はいろいろ イチジクの枝に止まっていました。 ベッコウハゴロモ 2頭目 3頭目

    nice! 4
  • オビヒトリ

    スジモンヒトリとしていましたが、オビヒトリに訂正します。 似ている蛾には、スジモンヒトリ、セスジヒトリ、カクモンヒトリがいます。 それぞれに特徴があり、その特徴からこの蛾にはないものを消去していくとオビヒトリ(ヒトリガ科ヒトリガ亜科)にたどりつきました。 スジモンヒトリには、前翅基部寄りに黒状があ... 続きをみる

    nice! 7
  • ミツモンキンウワバ

    幼虫が野菜の害虫といわれるミツモンキンウワバです。 外来ハゴロモがすごい勢いで増えています。

    nice! 4
  • ホソミスジノメイガ

    葉裏に止まりましたが、茎をくるりと回して傾けて撮った蛾ホソミスジノメイガです。 前翅長10mmほど

    nice! 9
  • クロスカシトガリノメイガ

    前足を直角に立てて止まる前翅長10mmほどの蛾クロスカシトガリノメイガです。 似た蛾にスカシトガリノメイガがいますが、どちらも幼虫は、エノキの葉を食べるようです。 後翅よりも前翅が淡い黒褐色を帯びていることからクロスカシトガリノメイガとしました。

    nice! 6
  • フタイロコヤガ

    クズの葉に止まるフタイロコヤガ 幼虫の食餌植物はカラスノゴマ。菜園周辺では見たことがない。 前翅長10mmほど ウンモンクチバ ウラベニエダシャク ヒメトガリノメイガ 二つ目が咲いたオニユリ

    nice! 4
  • ルリシジミ

    シジミチョウを検索して比較していると、菜園にはいろいろな種類のものがいるのに気づきました。 今までに投稿したものの中に名前が間違っているものがあります。気づいたものから訂正していきます。 今一番多く飛んでいるのがルリシジミです。 ヤマトシジミ ベニシジミ カトリヤンマ

    nice! 6
  • ツタの花

    初めて見たツタ(蔦)の花 サンゴジュの木に蔓を伸ばしています サンゴジュの木に登るニホンアマガエル 幼虫がツタの葉を食草としているナミガタシロナミシャク

    nice! 7
  • ハグロトンボ

    暑い時期に日陰で出会うハグロトンボ 羽を開いたり、閉じたりを繰り返しています ハラビロトンボ

    nice! 6
  • ヤモリ

    エノキの幹に蛾が止まっていないか、下の方から上の方へと見ていくと、上の方にジッと止まっているものがいました。ヤモリでしょうか? 体長20cmを超えているように見えました。 不明蛾  前翅長12mmほど

    nice! 4
  • ウスキツバメエダシャク

    葉裏に止まっていましたが、枝を起こしたところ飛び立って止まり直したウスキツバメエダシャク 幼虫の食餌植物はエノキ、クヌギ、スイカズラなど 前翅長30mmほど ウスイロオオエダシャク 着果した大玉スイカ 拡大し過ぎたかな?

    nice! 8
  • トビイロトラガ

    ササの葉に止まって、強い風に吹かれて揺れに揺れていたトビイロトラガ 幼虫の食餌植物はノブドウ、ヤブガラシ、ツタ。 菜園ではツタ 着果しそうなスイカ

    nice! 3
  • ヒメクルマコヤガ

    幼虫が麦角菌というカビの一種を食べて育つというヒメクルマコヤガ 前翅長9mmほど トウモロコシ

    nice! 5
  • ワタノメイガ

    ササの葉裏に止まるワタノメイガ 幼虫は、オクラなどの葉をくるりと巻くことから、別名ハマキムシと言われます。 前翅長16mmほど

    nice! 3
  • ギンツバメ

    今年初めて出会うギンツバメ 夜行性ですが、飛び立って止まると、しばらく翅を上下にヒラヒラさせているため、ギンツバメと分かります。 幼虫の食草はガガイモ 前翅長13mmほど ノイバラの花 ヤマトシジミのメス(夏型)

    nice! 8
  • シラホシトリバ

    級蜜中のシラホシトリバ 小さな蛾です。 飛び立って上に行ったり、下に行ったりドローンのように飛び回ります。 風が吹いて、長い触角が揺れるクロハネシロヒゲナガ

    nice! 5
  • キタテハチョウ

    寒くなって陽の当たるところにやって来るキタテハチョウ 幼虫の食草はカナムグラの葉 今日届いたヤフオクで買ったデジカメで撮ってみました。遠くから撮ると画面が暗くなってしまう。まだ調整が必要です。

    nice! 2
  • チャノコカクモンハマキ

    葉表に止まるチャノコカクモンハマキ 幼虫の食草はチャ。隣の畑の縁に植えられていますが、クズで覆われていても枯れない。 前翅長8mmほど 自然薯の実

    nice! 8
  • シラホシトリバ

    目の前に飛んできて葉に止まりました。黄色っぽいからキンバネチビトリバかなと思いながら撮りましたが、調べてみればシラホシトリバでした。 幼虫の食草はノブドウ、エビヅル。菜園内では見たことはありません。 前翅長5mmほど

    nice! 7
  • ワタリンガ

    綺麗な蛾ですが、この蛾の名前をwebで検索しても似たような蛾にたどり着けませんでした。ryoiさんからワタリンガ(コブガ科ワタリンガ亜科)と教えていただきました。有り難うございます。 本州四国九州における記録確認済都府県が佐賀、長崎とあります。愛知県では既に豊川市方面で確認されているようです。 幼... 続きをみる

    nice! 7
  • アカテンクチバ

    アラカシの幹に止まるアカテンクチバです。 アラカシの木も随分と大きくなりました。 前翅長22mmほど 幼虫の食草は、フジ、クズ。どちらも菜園周辺にあります。 フラッシュ撮影

    nice! 2
  • ヒメシロテンヤガ

    よく見るようになったヒメシロテンヤガです。 幼虫は、イノコズチの葉を食べます。 前翅長11mmほど ギンツバメ

    nice! 10
  • タケアツバ

    前翅長10mmほどのタケアツバです。 幼虫は、孟宗竹、マダケ、ハチク、メダケの葉を食べます。菜園では孟宗竹の藪ですが、この蛾に出会うのは多くはありません。

    nice! 3
  • ウスオビキノメイガ

    前翅長10mmほどの蛾でウスオビキノメイガとしましたが、いろいろwebで検索してみると 翅を少し閉じている姿が多くみられます。今までに出会ったこの蛾の姿は全て翅をまっすぐ横に広げています。

    nice! 2
  • 3頭目のクロメンガタスズメ

    昨年ナスの葉に3匹のクロメンガタスズメの幼虫がいましたが、その3匹の成虫にすべて会うことができました。 昨年と同じ場所に接ぎ木苗でナスが4本植えてあります。 そのすぐ傍に3頭目のクロメンガタスズメが止まっていました。

    nice! 4
  • クワエダシャク

    翅が風にあおられて、ひらひらしていたクワエダシャクです。 幼虫はクワを食べます。

    nice! 1
  • クリイロアツバ

    ササの葉に止まるクリイロアツバ 幼虫の食餌植物はネザサ 前翅長10mmほど タケアツバ

    nice! 5
  • セスジナミシャク

    毎年出会うセスジナミシャク 幼虫の食餌植物はアケビ 前翅長14mmほど すごく沢山止まっているカトリヤンマ それでもどんどんやぶ蚊が増えてくる

    nice! 4
  • ヒメクルマコヤガ

    今年はよく出会うヒメクルマコヤガ 幼虫の食餌植物はイネコウジ 前翅長8mmほど ヒメジャノメ

    nice! 4
  • キイロスズメ

    オッ 今年も出会ったキイロスズメ 幼虫の食餌植物はヤマノイモ、ナガイモ チャオビヨトウ オオウスベニトガリメイガ キタテハ(夏型)

    nice! 3
  • キノカワガ

    木の皮の一部に見えたキノカワガ 幼虫の食餌植物はカキ 前翅長21mmほど 今年はよく出会うウスイロオオエダシャク オオトビスジエダシャク 珍しく葉表に止まっていたカノコガ

    nice! 8
  • ナカジロシタバ

    枯れ木に止まるナカジロシタバ 幼虫はサツマイモの害虫と言われています。 前翅長20mmほど もう一頭 ホソスジナミシャク ウスイロオオエダシャク

    nice! 8
  • ゴマダラキコケガ

    セイタカアワダチソウの葉先に止まる全身黄色のゴマダラキコケガ 幼虫の食草は地衣類 前翅長15mmほど ミカンの木の下で咲くムラサキカタバミ

    nice! 6
  • クロモンキノメイガ

    前翅長9mmほどの小さな蛾クロモンキノメイガ 幼虫の食草はダイコン、パセリ、ダイズ、インゲンマメ、アズキ、ササゲなど ハラビロトンボ

    nice! 5
  • イボタガ

    すごい蛾に出会いました! エノキの幹に止まるイボタガ 幼虫の食草は、イボタノキ、キンモクセイ、トネリコ、ネズミモチなど。菜園ではネズミモチが生えています。 出現月は3月~5月。春に出現する大型蛾 前翅長53mmほど フクロウの顔を持つ蛾と言われます 横から すごい模様

    nice! 8
  • ナミテンアツバ

    飛び立って止まったところを覗いて観るとナミテンアツバです。 成虫で越冬したようです。 前翅長14mmほど 土手に咲くハナニラ 毒があり、食べると激しい下痢を引き起こす可能性があるそうです。

    nice! 10
  • ナシケンモン

    いよいよ蛾撮りシーズン到来です。 今年初めて出会った蛾ナシケンモン。 エノキの幹に止まっていました。 前翅長18mmほど 名前が分からず、不明蛾としていましたが、ハゼの木に止まっていた蛾ヒロズコガ科のナガバヒロズコガとしました。 前翅長9mmほど もう一頭枝にも居ました。 ヒサカキの花が満開です。... 続きをみる

    nice! 7
  • ヤサアリグモの雄

    エノキの幼木に這っていたヤサアリグモの雄 雌よりやや小さく見えたので、幼体かと思いましたが、幼体は、頭部後方と腹部前方が赤褐色をしているというから、成体のようです。webで調べてみれば、雄の方が小さ目でした。 あちこちよく動きます。 もう1匹孟宗竹にも居ました。 ウグイスがチャッ、チャッと鳴いてい... 続きをみる

    nice! 4
  • ワタヘリクロノメイガ(11月)

    セイタカアワダチソウの葉に止まるワタヘリクロノメイガ 暖かい日でした。 孟宗竹に止まるウスミドリナミシャク いつまで姿を見せてくれるでしょう。

    nice! 3
  • ヨコズナサシガメの幼体

    タバコガと思われる蛾を襲うヨコズナサシガメの幼体 お尻を上げているようで、どんな蛾だろうと撮ってみました。PCに取り込んでヨコズナサシガメに体液を吸汁されているのに気付きました。 このあとすぐに蛾は飛び立って行きました。 プリンターの上で撮った更新したデジカメ   当たり外れのあるデジカメですが、... 続きをみる

    nice! 3
  • ヒメシロテンヤガ

    夜は冷え込みます。目にする蛾も少なくなって来ました。 出会ったのはヒメシロテンヤガ 前翅長12mmほど

    nice! 4
  • ヨコジマオオヒラタアブ

    スズメバチが飛んできたと思ってしまったヨコジマオオヒラタアブ 初めて見ました。 近づこうとすると飛び立ちます。

    nice! 7
  • ハスモンヨトウ

    一昨日雨が降り地面が湿っているため、草取りをしていると出て来たのはハスモンヨトウ 幼虫は農作物の害虫と言われていますが、成虫に出会えるのは少ない。 前翅長19mmほど ハスモンヨトウを撮った後の草取りの様子 サツマイモの鳴門金時の蔓を除いていると、飛び立って隣の畝の葉っぱに止まりました。 2023... 続きをみる

    nice! 8
  • オオハナアブ

    オオハナアブ 複眼をなぜるようにしていましたが、近づいて来たのに気付いたのか、すぐに飛び立って行きました。 ウラギンシジミチョウ

    nice! 5
  • ママコノシリヌグイ

    ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い) タデ科イヌタデ属 蛾のトリバガを撮っているところの側で咲いている花の名前が判りませんでしたが、ママコノシリヌグイと判りました。 ミゾソバとしていましたが、yabusameさんからママコノシリヌグイと教えていただきました。ありがとうございます。 漢字では「継子の尻... 続きをみる

    nice! 10
  • ウラナミシジミ

    この頃よく目にするようになったウラナミシジミ ハチけるミカンが多いときは、ミカンが甘い。

    nice! 3
  • ホソヘリカメムシ

    ホソヘリカメムシ 幼虫も成虫もマメ科植物の子実を吸汁します。十六ササゲを栽培していたときに、ホソヘリカメムシの幼虫をアリと間違えたことがあります。

    nice! 3
  • ナツアカネ

    飛び立っては、また元のところに止まる真っ赤なトンボです。 名前に自信がありませんでしたが、ryoiさんから名前をナツアカネと教えていただきました。ありがとうございます。 ナツアカネのこの赤さが目立ちました。     

    nice! 4
  • コテングアツバ

    何年ぶりかに出会ったコテングアツバ 絶滅してしまったのかなと思っていましたが、ホッとした瞬間です。 土手に咲くアサガオですが、太陽が上ると萎れてしまいます。日陰で咲いていました。

    nice! 4
  • ニホンアマガエル

    皮膚から分泌される粘液には弱い毒があるといわれるニホンアマガエル アマガエルは、野菜に付いている害虫を食べてくれるため、大変有益なカエルです。

    nice! 5
  • オオイヌタデ

    イヌタデとしていましたが、草丈が1m50ほどあり、花が垂れ下がっていることからオオイヌタデに訂正します。 竹藪の中の日が差すところに生えています。 筍が見つけやすいように2月までに草を全部刈るところです。 警戒心のないイチモンジセセリ。傍に止まってくれます。

    nice! 5
  • アゲハチョウ

    夕方ねぐらで止まっているアゲハチョウです。台風6号の影響で風が強く吹いていました。

    nice! 6
  • アカウスグロノメイガ

    この蛾の名前がわからず、新・蛾像掲示板で尋ねたところ、Gatorinさんからアカウスグロノメイガ若しくはヒメアカウスグロノメイガではないでしょうかと教えていただき、展翅すれば同定ができると教示していただきました。 前翅長10mmほど 2022年7月10日にこのブログに投稿のアカウスグロノメイガです... 続きをみる

    nice! 4
  • クロハグルマエダシャク

    個体変異が多いクロハグルマエダシャクです。 幼虫の食草はクロガネモチ、イヌツゲ、モチノキ。 菜園土手にモチノキが生えています。 前翅長12mmほど 今年7月7日撮影のクロハグルマエダシャク。同じ食草の1本の木からでも羽化する成虫に変異があるようです。

    nice! 6
  • ウスイロオオエダシャク

    菜園土手に1本生えているヒノキの幹に止まったウスイロオオエダシャクです。 前翅長41mmほど

    nice! 5
  • セスジスズメ

    菜園土手にスズメガが飛んでいて、どこに止まってくれるだろうと観ていると雑草の中に止まりました。セスジスズメです。里芋の植えてある側です。 春に里芋の葉っぱを1本丸坊主にした幼虫がこのセスジスズメかも? 草取り中の里芋

    nice! 6
  • ナカグロクチバ

    アオツヅラフジの蔓に止まったナカグロクチバです。 少し翅が痛んでいるようです。

    nice! 6
  • シロスジカミキリ

    アラカシの幹に止まっていた、今まで見たことのない大きなカミキリムシです。調べてみれば、シロスジカミキリでした。 体長45mmほど

    nice! 6
  • アオイトトンボ

    菜園では、もう会えないと思っていたアオイトトンボです。 畑に浴槽の水ダメがあって、その中にたくさんのヤゴがいました。その頃はよくアオイトトンボを見ましたが、水ダメが日照りで温度が上昇して、ヤゴが絶滅してしまいました。 まだどこかで子孫を残していたようです。

    nice! 5
  • ウラギンシジミ

    風が強く吹いて揺れていましたが、翅を広げたウラギンシジミです。 メス 台風14号による風で倒れたミカンの木です。根元はカミキリムシによって、かなり穴が空けられていたようです。 倒れたミカンの木の根元で枝分かれした、倒れなかった枝の葉に止まったウラギンシジミのオスです。

    nice! 2
  • コフキサルノコシカケ?

    竹藪の中の木の切り株に生えるキノコです。 コフキサルノコシカケでしょうか。毎年生えてきます。 マエジロアツバの幼虫は、キノコ(カワラタケ)を食べます。 マエジロアツバ

    nice! 5
  • フトスジエダシャク

    土手や竹藪の中にセンダンの木が生えているため、よく出会うフトスジエダシャクです。 幼虫は、センダンの葉を食べます。 前翅長14mmほど

    nice! 4
  • クサシロキヨトウ

    ササの葉に止まるクサシロキヨトウです。 幼虫は、イネ、トウモロコシの葉を食べます。 前翅長18mmほど。

    nice! 4
  • ヒメシロテンヤガ

    前翅長10mmほどの小さな蛾ヒメシロテンヤガです。 幼虫は、イノコズチの葉を食べます。 チズモンアオシャク ミカンの葉っぱの先に止まったトビイロトラガ

    nice! 2
  • カノコガ

    昼行性のカノコガです。 幼虫は、ツメクサ、スギナ、スイバ、ギシギシ、タンポポなどの葉を食べます。

    nice! 3
  • セスジナミシャク

    翅の一部をかじられたセスジナミシャクです。 葉表に止まる蛾は狙われやすいのでしょう。 襲ったのはトカゲかな? 姿を見せなかった年もありましたが、今年は度々出会えるミナミクロホシフタオ

    nice! 3
  • タケトラカミキリ

    菊芋の葉に止まるタケトラカミキリです。 成虫は、竹やトウモロコシに集まるそうです。近くには収穫を終えたトウモロコシがそのままになっています。 体長14mmほど。

    nice! 4
  • ハラビロトンボのメス

    毎年姿を見せるハラビロトンボです。

    nice! 2
  • ヨコヅナサシガメ

    ウスイロオオエダシャク蛾に近づいてきたヨコヅナサシガメです。 襲うだろうかと観ていたが、素通りしました。

    nice! 3
  • クロメンガタスズメ

    枯れた立木の横を通り抜けようとした時、ブッという音がして振り向くとデッカイ蛾が体を上下に動かして威嚇したようです。 その蛾がクロメンガタスズメです。 クロメンガタスズメの幼虫が昨年ナスの葉っぱを丸坊主にしました。その幼虫が3匹でしたので、恐らくその成虫には会えないだろうと予想していました。 ところ... 続きをみる

    nice! 2
  • オオウンモンクチバ

    オオウンモンクチバ ヒメハガタヨトウ また出会った未同定種のニセマイコガ科の蛾 前翅長5mmほどで拡大しました。

    nice! 3
  • オニユリの開花

    菜園土手に生えているオニユリ(鬼百合)の花が咲きました。 キタテハ シオカラトンボ

    nice! 4